スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年07月07日

ドルが幅広く下落、リスク選好の動きで=NY市場

[ニューヨーク 6日 ロイター] 6日のニューヨーク外国為替市場では、
ドルが幅広く下落した。

豪中銀がアジアと国内経済について楽観的な見方を示したことで、
リスク許容度が高まった。くりっく365比較

 米供給管理協会(ISM)が発表した6月の非製造業総合指数がさえない内容となったことも、
ドルの圧迫要因となった。fx比較

 豪中銀は5日予想通り政策金利を4.5%に据え置き、経済見通しについてハト派的な見解を示した。
これが投資家に安心感を与え、リスク選好の動きが広がった。 

 終盤取引ではユーロが0.7%高の1.2621ドルに上昇し、
オプションの壁である1.26ドルを突破した。CFD
対ポンドでも一時2週間ぶり高値をつけ、83.41ペンスまで上昇した。

 豪ドルは1.3%高の0.8502米ドル。

 ドルは6月のISM非製造業総合指数の発表を受けて対円・ユーロでも下落した。

 fxソリューションズのチーフマーケットアナリスト、ジョセフ・トレビサニ氏は
「米経済の減速は本物。統計はまだリセッションを示してはいないが、心配な雰囲気だ。
ドルは下落が続くだろう」と述べた。fx比較 

 ドルは対円で0.3%安。ユーロもISM非製造業総合指数の発表を受けて上値を伸ばした。
ただアナリストは、ユーロへの警戒感を示している。

 フォレックス・ドットコムのブライアン・ドーラン氏は
「ユーロ圏の銀行間金利は依然として高止まりしている」と指摘した。
  


Posted by やひろ at 08:53